2009年10月21日

北の大地でジンギスカン

よしみです。
いよいよ今日からプロ野球もクライマックスシリーズ第2ステージです。
野球好きならずとも、こういうイベント的なものは注目度も違うということで。
そこで今日は野球のおはなしです。
日本のプロ野球は、間違いなく世界屈指のレベルを誇るリーグだと思います。
サッカーと違い、その「世界」がいまいちせまいのが残念ではありますが。
メジャーリーグの試合を見ると、やっぱりすごいなぁと思うこともありますが、それでも日本が米国に負けていないと思うことがあります。
それは、応援です。
小さい頃から野球を観たりしていて、これが普通だにゃあと思っていたのが、野茂投手がアメリカに行って、日本独自のスタイルなんだなぁと思ったのも、もうけっこう前の事なんですねぇ。
アメリカの野球観戦スタイルも良いと思うのですが、子供の頃から慣れ親しんだ日本の応援スタイルが、よしみは大好きです。
やっぱり、日本のプロ野球の応援スタイルといったら最初に思い浮かぶのは、広島東洋カープの「スクワット応援」でしょうか。
東京ドームなどで、内野席から見るレフトスタンドの光景は、まさに壮観。
連打が続くと、うれしいやらなんだか体力的にきびしそうやらで、とってもほほえましく、また熱い応援だと思います。
 
それからチュニチとかいう球団の「ねらいうち」も定番。ヨミウリはDDRでおなじみの「BUTTERFLY」がもとのチャンステーマを使っていたと思いますが、なんだか最近違う?
よしみの応援するベイスターズもチャンステーマは盛り上がるし(追いつかない程度の反撃・・・とか言わないの)スワローズの「夏祭り」もいいですねぇ。
 
そんななかで、よしみイチオシのチャンステーマは、日本ハムファイターズの「ジンギスカン」。
今年はとくにファイターズの強さもあって、この応援が始まるとなんか点が入りそうな、不思議なチカラが沸いてくるというか。
稲葉ジャンプで有名なファイターズの応援ですが、今年のCSは「ジンギスカン」にも注目ですにゃあ。
 
ところで、CSの勝敗予想ですが、両リーグとも順当に1位のチームが勝ちそうなそんな気がします。
にゃあ。
posted by よしみ・かに at 06:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球