2010年06月01日

ジンギスカンの「うまい」食べ方

よしみです。
最近良く食べるのは、「揚げたあんぱん」です。
近所のスーパーで売ってるのですけどとってもおいしいです。
揚げ物は家でやるとなにかと面倒なので買ってきたものが多いのですが
この揚げたあんぱんはいつか家で作ってみたいと思います。
 
食べ物のお話といえば、以前北の大地でジンギスカンという記事を書いたためでしょうか、
ジンギスカンで検索してこちらにこられる方が意外に多かったので、今回はまじめにジンギスカンについてを少し。
 
ジンギスカンは、あの特徴的な鍋に野菜とお肉をのせて焼き、タレをつけて食べる意外にシンプルな料理です。
先にタレに漬け込んだお肉の場合もありますけど、よしみは生ラムのジンギスカンが好きです。
生ラムのジンギスカンの場合は、まず野菜を中心を空けてまわりに載せて比較的強火で焼きます。
そのあと、空けておいた中心部に生ラムをのせます。このときに火を弱めてじっくり焼くと、肉汁が鍋をつたって野菜においしい味がついていきます。
で、お肉に火がとおったら食べ頃。タレをつけておいしくイタダキマス。
 
このときに、注意したほうがいいのは「タレを鍋に直接かけない」ということ。
タレを直接鍋にかけてしまうと、焦げ付きの原因にもなりますし、火のとおりも悪くなります。
もちろんお店に食べに行った時には、そのお店の推奨する食べ方がいいんでしょうけど、
上記のような上手な食べ方をしていれば、食べ終わったお鍋もとってもキレイなものになり
無駄に焦げ付くことなくおいしく食べることができます。
そんなわけで、ジンギスカンを召し上がる機会があれば、ぜひお試しを。
 
最後に、よしみが行ったことあるお店中からオススメのお店をご紹介。
銀座・数寄屋橋にお店を構える「ニユートーキヨー 数寄屋橋本店」さんの
夏季限定屋上ビアガーデンです。
こちらは、夏限定でおいしいラムを使ったジンギスカンとサッポロビールがなかなかいいかんじ。
なんでも、ジンギスカンのタレは サッポロビール園と同じものをつかっているそうです。
フリードリンク・フリーフードですが、揚げ物・サラダ・デザートや煮物なんかもあって誰とでもいけるのがうれしいですねぇ。
よしみの行ったときは、「ラムカレー」がとってもおいしかったと思います。それからデザートのババロアとケーキもなかなかでした。
屋上ということで、雨が降ったらお休みみたいなのですが、今年もチャンスがあったら行こうかなぁと思います。
posted by よしみ・かに at 00:34| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記